close

Daniel Johnston展『Hi How Are You』がヴァニラ画廊で10月9日から開催

ART/DESIGN

シンガー・ソング・ライターDaniel Johnstonの日本で初めてとなる個展『Hi How Are You』が銀座のヴァニラ画廊で2017年10月9日から10月22日にかけて開催される。

先日ラストツアーの開催についてお伝えしたDaniel Johnston。彼の作品は彼自身の描いたアートワークが使用されている。アウトサイダーアートの領域で語られる彼の絵は、その熱意や熱量は楽曲の制作にも劣らぬエネルギーと純度を持っていて、彼の世界観の根幹を担っている。Beatlesと並んで彼を作り上げる要素であるキャスパーやキャプテン・アメリカを始め、初恋の人、奇妙なカエルなどのモチーフが描かれている。

今回の個展ではカラー原画、モノクロ原画等凡そ100点以上の作品、活動初期、カセットの複製を知らず、注文に対して1本ずつダビングしたというカセットテープなどのコレクションの数々が展示販売される。

Daniel Johnston 『HI HOW ARE YOU』

ダニエル・ジョンストン展 『HI HOW ARE YOU』

会期:2017年10月9日(月・祝)~10月22日(日)
開催時間:平日(月~金)12:00~19:00、土・日・祝・最終日:12:00~17:00
会場:ヴァニラ画廊 展示室AB
入場料:1000円(予定)
ヴァニラ画廊Web Site:http://www.vanilla-gallery.com/archives/2017/20171009ab.html

Daniel Johnston:

1961年 アメリカ合衆国ウェストバージニア州出身。
アーティスト、ソングライター、パフォーマーとしてカルト的な人気を博し、創造性に富んだ作品を数多く発表する。1980年代よりトム・ウェイツ、ソニック・ユース、カート・コバーンなどアーティストに支持され、数多くのメディアにも取り上げられた。
作曲数は500を超え、彼の人生を綴ったドキュメンタリー映画『悪魔とダニエル・ジョンストン』(2009)によって、音楽のみならず、アートや生き様に関心が再び高まっている。彼のアート作品は、2006年のホイットニー美術館の隔年行事にも出展されている。
2006年にHighwire Musicからリリースされた新しいコンピレーション・アルバム「Welcome To My World」、再リリースされた「Hi How Are You / Continued Story」と「Yip Jump Music」を含め、30枚を超える彼のアルバムの半数以上が今なお流通している。
カート・コバーンが着ていたダニエルの「Hi How Are You」Tシャツは、2006年にヒューストン・クロニクル紙で「世界中で最も需要の高いインディー・アーチストのTシャツ」と評されている。
米国をはじめ、カナダ、ヨーロッパ諸国、日本などでツアーの実績もあり、2003年、2010年と来日を果たし、ライブを行った。

PAGE TOP
PAGE TOP