close

ルーヴル美術館の漫画展が森アーツセンターギャラリーにて開催。2016年7月から。

ART/DESIGN

ルーヴル美術館の漫画展が森アーツセンターギャラリーにて2016年7月22日~9月25日にかけて開催されることが発表された。

2005年からルーヴル美術館ではバンド・デシネ(BD)作家をフィーチャーした、ルーヴルをコンセプトにした作品集のプロジェクトを実施し続けている。
第一弾であったニコラ・ド・クレシーによる『氷河期』からスタートし、マルク=アントワーヌ・マチューの『レヴォリュ美術館の地下』、エリック・リベルジュの『Aux heures impaires』など毎年発表され続け、中には荒木飛呂彦による『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』や谷口ジローによる『千年の翼、百年の夢』など日本の作家による作品もある。
荒木飛呂彦 『Rohan au Louvre』 エンキ・ビラル 『Les Fantômes du Louvre』 谷口ジロー 『Les Gardiens du Louvre』 ニコラ・ド・クレシー 『Période Glaciaire』 マルク=アントワーヌ・マチュー 『Les Sous-sols du Révolu』

今回の美術展では、”ルーヴルBDプロジェクト”の作品が”Manga is Art”をキーワードに一堂に会する内容となっており、このプロジェクトをテーマにした美術展は、2011年に開催された『マンガ・ミーツ・ルーヴル――美術館に迷い込んだ5人の作家たち』以来となる。
また、日本の有名漫画家の追加参加も予定されているという。
巡回展も予定されており、大阪は2016年冬にグランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボにて、名古屋は2017年夏に松坂屋美術館などにて開催される。

 

尚、今までにルーヴルBDプロジェクトで発表された作家及び作品は下記のとおり(日本語タイトルが付いているのは、国内でも翻訳済の作品)。

ニコラ・ド・クレシー / 『氷河期』
マルク=アントワーヌ・マチュー / 『レヴォリュ美術館の地下』
エリック・リベルジュ / 『Aux heures impaires』
ジャン=クロード・カリエール&ベルナール・イスレール / 『Le Ciel au-dessus du Louvre』
荒木飛呂彦 / 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』
クリスティアン・デュリユー / 『Un Enchantement』
ダヴィッド・プリュドム / 『La traversée du Louvre』
エンキ・ビラル / 『ルーヴルの亡霊たち』
エティエンヌ・ダヴォドー / 『Le Chien qui louche』
ルー・ユイ・フォン&フィリップ・デュピュイ / 『L’Art du chevalement』
谷口ジロー / 『千年の翼、百年の夢』
フロラン・シャヴエ / 『L’Île Louvre』

今後増えるであろう続報を待ちたい。

http://manga-9art.com/

開催概要

[展覧会名]
近日発表
[東京展]
会期:2016年7月22日(金)~9月25日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー
〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1(六本木ヒルズ森タワー52階)
主催:ルーヴル美術館、フジテレビジョン、東映、小学館集英社プロダクション、森アーツセンター
[巡回展]
大 阪:2016年冬 グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
名古屋:2017年夏 松坂屋美術館   ほか

 

PAGE TOP
PAGE TOP