close

傑作インディーゲーム、『OneShot』の日本語ローカライズトレーラーが公開

ART/DESIGN

太陽が失われた世界をドットで描いた傑作インディーゲーム、『OneShot』の日本語版のトレーラーがついに公開。ゲームの日本語ローカライズ版は今夏リリース予定。

『OneShot』はRPGツクールをベースにTeam OneShotによって制作された特殊なギミックや謎解きが特徴の2Dアドベンチャーゲームだ。太陽が失われ、闇の中で荒廃した世界で、主人公ニコは世界の新たなる太陽である電球を抱え、世界の中心にある塔を目指す。

OneShot OneShotOneShot

パブリッシャーは東京に拠点を置き、日本のゲームを海外向けにローカライズ吸うことが多いDegicaで、オリジナル版は2016年にリリースされた。Steamでのユーザー評価は「圧倒的に好評」を維持しており、コアなゲームファンたちの口コミによって徐々に知名度を高めていった。

『OneShot』の日本語ローカライズ版は今夏とのことで正確なリリース日は不明だが、7月末に日本語ローカライズ版のβテストも行われ、もう間もなく来るのではないかと思われる。

私も英語版を一生懸命プレイしたが、アドベンチャーゲームだけあってシナリオに重きを置かれており、膨大なテキストで構成されている作品の為、日本語で改めてプレイできることがとても楽しみだ。

PAGE TOP
PAGE TOP