close

ジーン・ウルフ『ナイト』上下巻、国書刊行会より10月末に刊行

BOOK

ジーン・ウルフ(安野玲訳)の『ナイト』上下巻が国書刊行会より10月末刊行される。

ジーン・ウルフ 『ナイト』上巻 ジーン・ウルフ 『ナイト』下巻

〈新しい太陽の書〉以降の長篇の翻訳としては初の作品。日本では「ハヤカワ文庫SF」や国書刊行会の「未来の文学シリーズ」などでの刊行が多く、SF作品での印象が強いウルフだが、今作は異世界ファンタジー大作となっている。昨年翻訳された『ピース』にもとても美しい幻想文学風の挿話がいくつも見られていたし、彼のファンタジー作品を未読の読者も期待せざるを得ないだろう。

本作『ナイト』は2004年に刊行された『The Wizard Knight』のVol.1にあたる『The Knight』の邦訳版だ。目が覚めると異世界にいた少年は、エイブルと言う名を授けられ、子供の心のまま大人の体となり、魔剣エイブルを得るための冒険に臨む。と、まさに王道ファンタジーといった趣だがあのジーン・ウルフがどのような言葉で紡いでくれているのか大変楽しみだ。
尚、原作Vol.2にあたる『The Wizard』も今後上下巻で刊行が予定されている。いずれもカバーイラストは絵本作品も発表している画家牡丹靖佳が描いている。

PAGE TOP
PAGE TOP