close

サキの『けだものと超けだもの』が1月6日に発売。

BOOK

サキの『けだものと超けだもの』が2016年1月6日に白水社のUブックスシリーズから発売する。

ヘクター・ヒュー・マンローことサキは20世紀初頭のスコットランドの小説家でブラックユーモアの効いた作風や奇妙な味風の物語を得意とする。1870年にミャンマーで生まれ、インド警察を経てジャーナリストに転身。1902年からウェストミンスター・ガゼット、デイリーエクスプレス、モーニングポストなどの雑誌記者を勤めながら、短編小説を執筆した。第一次世界大戦に志願兵として出征、その際フランスの西部戦線でスナイパーに撃たれ戦死した。最後の言葉は「そのタバコを消してくれ!」だったという。

今まで数冊の短編集が邦訳されていたが、今年は白水社のUブックスから『クローヴィス物語』や、風濤社からのサキ・コレクションで『レジナルド』や『四角い卵』が翻訳されるなど、俄に盛り上がってきている。

今作の『けだものと超けだもの』は1914年に発表されたサキの後期に当たる短編集で、今回が初めての邦訳となる。挿絵はエドワード・ゴーリーが担当している。

PAGE TOP
PAGE TOP