close

Devendra BanhartがJeff Baenaのコメディー映画作品『Joshy』のスコアを担当。

ART/DESIGN

アメリカのフリーク・フォークSSW、Devendra Banhartが、インディーコメディー映画、『Joshy』のスコアを担当した。

Joshy』は『ライフ・アフター・ベス』の監督や『ハッカビーズ』の脚本を手がけたJeff Baenaが脚本・監督を行ったコメディー映画で、2016年1月21日~31日にかけて行われるサンダンス映画祭にラインナップされている。

Devendra BanhartはアメリカのSSWで、2002年2stアルバム『Oh Me Oh My…The Way The Day Goes By The Sun Is Setting Dogs Are Dreaming Lovesongs Of The Christmas Spirit』をSwansのMichael Giraが主催するYoung God Recordsよりリリース。土臭いサイケ・フォークのような独特の音楽性で瞬く間に注目され、2005年にXL Recordingsから発表された5thアルバム『Cripple Crow』で世界的な評価を獲得した。
彼の目立った活躍としては今年6月に発表したアートブック『I Left My Noodle on Ramen Street』を除けば、2013年のアルバム『Mala』ぶりとなり、どのような作品に仕上がっているのか非常に楽しみだ。

PAGE TOP
PAGE TOP