close

現代音楽作曲家Pierre Boulezが他界。

MUSIC

フランス国立音響音楽研究所IRCAMの創立者にして初代所長の現代音楽作曲家、Pierre Boulezが2016年1月5日、ドイツ南西部バーデンバーデンの自宅にて90年の人生に幕を下ろした。家族らが1月6日に声明を発表した。死因は公表されていないが闘病中であったとのこと。

パリ国立音楽院でIannis XenakisやKarlheinz Stockhausenなど多くの現代音楽家を教え子に持つOlivier Messiaenに師事。ダルムシュタット夏季現代音楽講習会ではKarlheinz Stockhausenらとともにトータル・セリエリズムの手法の発展に大きく貢献した。現代作曲家、指揮者として活躍しつつ、多くの著作を発表した。

昨年の2015年にはDeutsche Grammophonから生誕90周年を記念した44枚組みの作品集『Pierre Boulez: 20th Century』が発売されている。
Pierre Boulez: 20th Century

PAGE TOP
PAGE TOP