close

Tim HeckerがJason Lew監督作『The Free World』のスコアを担当。

ART/DESIGN

カナダを拠点とするAmbient、Droneの重要人物Tim Heckerが、Jason Lew監督作『The Free World』のスコアを担当する。

Jason Lewは『es』のリメイク作『エクスペリメント』でオスカー役を演じた俳優であり、ガス・ヴァン・サント監督の『永遠の僕たち』では脚本を行った多彩な人物で、今回の長編映画『The Free World』では脚本と初の監督を行った。この作品は2016年1月21日~31日にかけて開催されるサンダンス映画祭2016に出展される。

Tim HeckerはカナダはモントリオールのDroneアーティスト。2001年に『Haunt Me, Haunt Me Do It Again』をリリース。その後も1~2年毎に1枚のペースでコンスタントに作品を発表している。2011年の『Ravedeath, 1972』ではIcelandの教会に赴き、Ben Frostと共に作曲した電子音楽にオルガンの伴奏をつけ録音するという特殊なプロセスで制作され、非常に美しい作品に仕上がっている。2013年には最新アルバム『Virgins』を発表している。

 

PAGE TOP
PAGE TOP