close

yodakaのアルバム『Betrayal and Reincarnation』2/5にリリース。

MUSIC

エレクトロニカやポストクラシカルのアーティストとして世界的評価を受けるKASHIWA Daisukeの原点となったインストゥルメンタルバンド、yodakaによる作品が2016年2月5日、リリースされる。

KASHIWA daisukeは2006年、ドイツのレーベルonpaからファーストアルバム「april.#02」でデビュー。その後、World’s End GirlfriendやSerphなどのエレクトロニカアーティストを発掘したnobleより「program music I」や「5 Dec.」などのアルバムを発表。

その後Virgin Babylon Recordsよりピアノに焦点を絞ったポストクラシカルアルバム「88」をリリースし、新海誠監督によるアニメーション映画 「言の葉の庭」の音楽を担当。Ricco Labelより満を持して放たれるyodakaのアルバム「Betrayal and Reincarnation」は、初期のKASHIWA Daisukeサウンドを彷彿とさせるダークで壮大なロックオーケストラとなっている。

シガーロスを思わせるダークで壮大なアンビエントサウンドと、ゴッドスピード・ユー!・ブラック・エンペラーのような攻撃的なバンドサウンドの融合。そして、そこに加えられたKASHIWA Daisukeの代名詞とも言える緻密なミキシングとマスタリングの要素により、唯一無二のオリジナリティーを持った作品となっているようだ。

アルバムのジャケット写真は、KASHIWA Daisukeのソロデビューアルバム「april.#02」と同じベルギーの写真家Henk van Rensbergenが担当している。

アーティスト: yodaka
アルバムタイトル: Betrayal and Reincarnation
リリース日: 2016年2月5日
レーベル: Ricco Label
型番: RIC029

1. amane
2. baobab
3. albireo
4. blackbird

Daisuke Kashiwa : Guitar, Synthesizer, Programming
Takeshi Nema : Guitar
Nozomu Takimoto : Bass
Hironobu Yamamoto : Drums

All tracks composed by KASHIWA Daisuke, yodaka
Recorded, Mixed and Mastered by Takeshi Hamada
Photo by Henk van Rensbergen
Art Direction and Design by Takahiro Kido

Produced by Daisuke Kashiwa, Ricco Label

PAGE TOP
PAGE TOP