close

『ブレードランナー2』の公開日は2018年1月。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督

etc.

サイバーパンク・SFの金字塔映画 『ブレードランナー』(原作は『電気羊はアンドロイドの夢をみるか / フィリップ・K・ディック)の続編『ブレードランナー2』の公開日が決まった。監督はカナダ出身で『Polytechnique』や『プリズナーズ』『ボーダーライン』の監督を務めたドゥニ・ヴィルヌーヴ氏。

主演はライアンゴズリンの予定、前作では主人公のリック・デッカー刑事を演じたハリソンフォードも出演予定だ。リドリー・スコット氏とハンプトン・ファンチャー氏の原案を元に、ファンチャー氏とマイケル・グリーン氏が脚本を担当することとなり、往年のSFファン〜今のSFファンまで楽しめそうな豪勢な面子となっている。

ファイナルファンタジー7や攻殻機動隊など、日本のアニメ・ゲーム作品なども含め影響下にある作品はとどまるところを知らないSF映画の最大級の人気作品の続編というわけだ。

前作『ブレードランナー』ではギリシャの作曲家ヴァンゲリスが音楽を担当していたが今回は音楽は誰が担当するのか。原作を踏襲した煙とパイプ・ネオンだらけの世界観で何が行われるのか。(作品は前回の数十年後がテーマになる予定とのこと)ユニコーンは何を意味するのか。

SFファンとしては非常に楽しみであり、同時に不安な気持ちも拭えないのが正直なところだろう。

PAGE TOP
PAGE TOP