close
NEW ARTICLES
新着記事
ART/DESIGN

LANVINのアーティスティック・ディレクター、Alber Elbazが退任

LANVIN(ランバン)のアーティスティック・ディレクター、Alber Elbaz(アルベール・エルバス)の退任が2015年10月28日に発表された。 Alber Elbazはモロッコ出生、イスラエル出身のファッションデザイナーで、Yves Saint-LaurentやGuy Larocheを経て、2001年にLAVNINのアーティスティック・ディレクターに就任した。ユニークでエレガントな彼のコレ...
COMIC

電子書籍市場と各プレイヤーの動き

電子書籍マーケットは拡大を続けている。 タブレットの浸透や、各種デバイスへの対応が完了し、 電子書籍が身近なものとなってきた昨今。 加速度的に盛り上がってきた電子書籍のマーケット争いの情勢を見てみよう。 電子雑誌と電子書籍の市場サイズ自体は拡大を続けている。 2015年の終わりには市場全体での規模感は1890億円を突破する勢いで、2019年のマーケット予測は3400億円の予測だ。デバイスや通信、マ...
BOOK

ジーン・ウルフ『ナイト』上下巻、国書刊行会より10月末に刊行

ジーン・ウルフ(安野玲訳)の『ナイト』上下巻が国書刊行会より10月末刊行される。 〈新しい太陽の書〉以降の長篇の翻訳としては初の作品。日本では「ハヤカワ文庫SF」や国書刊行会の「未来の文学シリーズ」などでの刊行が多く、SF作品での印象が強いウルフだが、今作は異世界ファンタジー大作となっている。昨年翻訳された『ピース』にもとても美しい幻想文学風の挿話がいくつも見られていたし、彼のファンタジー作品を未...
MUSIC , etc.

Condé NastがPitchforkを買収

2015年10月13日、米国の大手出版社Condé NastがPitchforkを買収したとThe New York Timesが発表した。買収額は未発表とのこと。 Condé Nastは『The New Yorker』や『Vogue』、『W』、『Wired』、『Vanity Fair』など錚々たるラインナップを抱える出版社。片やPitchforkはアルバムレビューの得点如何では売上にも影響すると...
MUSIC , COMIC

ジオラマミュージックフェア'15が2015年11月23日に渋谷WWWにて開催 (11/11追記アリ)

自主制作漫画レーベル、ジオラマブックスが主催のイベント『ジオラマミュージックフェア’15』が2015年11月23日に渋谷WWWにて開催される。 西村ツチカの所属するトーベヤンソン・ニューヨークを始めスカート、嫁入りランドなどジオラマブックスに縁のあるラインナップで、川本真琴 with ゴロニャンずも出演する。また会場では書店出張と執筆陣による漫画家のフリーマーケットも開催されるようだ。...
MUSIC

Clap! Clap!が初来日公演。2015年11月7日土曜日に代官山UNIT、11月6日金曜日に大阪CIRCUSにて。

2014年にアルバム『Tayi Bebba』をドロップし、2015年10月にリリースしたEP『Simple』も大変クールだったイタリア人クリエイターClap! Clap!が、2015年11月に初来日を果たす。東京は代官山UNITにて11月7日土曜日のオールナイトイベントで、ThomashとBOREDOMSのEYヨ、やけのはらなども出演し、11月6日金曜日にも大阪CIRCUSでも公演を行う。 Cla...
MUSIC

Giant Clawの新作『Deep Thoughts』が2015年11月8日発売

“Giant Claw 新作Deep Thoughts 11月8日発売! メロディー、ハーモニーに焦点をあてた驚異的な打ち込みによるMIDI オーケストラ。” Virgin Babylon RecordsからKeith RankinことGiant Clawの新作『Deep Thoughts』がリリースされる。最新作は前作とは異なった手法により、彼のテーマたるハイパーリアリズ...
BOOK

ロベルト・ボラーニョ 『はるかな星 (ボラーニョ・コレクション)』が2015年11月26日に発売

チリの作家、ロベルト・ボラーニョの『はるかな星』が、白水社によるボラーニョ・コレクションから2015年11月26日に発売される。『売女の人殺し』、『通話(改訳)』『アメリカ大陸のナチ文学』に続き、ボラーニョ・コレクションとして第5回目の刊行となる。 『はるかな星』は1996年に発表され、前回刊行された『アメリカ大陸のナチ文学』と同じ年に発売されている。また内容も『アメリカ大陸のナチ文学』の最終章で...
MUSIC

「WILLIAM BASINSKI + RICHARD CHARTIER / DIVERTISSEMENT (LP)」リ...

1958年テキサス出身、ニューヨーク在住の音楽・映像作家であり、サキソフォニスト、クラリネティストとしても活動しているウィリアム・バシンスキー。1970年代から活動を続けている著名なミニマルアーティストの一人でもあります。 スティーブライヒやブライアンイーノなどのミニマリストに影響を受け、テープループやコラージュを駆使した楽曲制作を得意としています。彼の1st albumとなる「shortwave...
MUSIC

Oneohtrix Point Never来日公演、12月3日から4日にかけて東京と大阪にて

11月に新譜『Garden of Delete』をリリースしたOneohtrix Point Neverが、12月3日(木曜日)に東京の恵比寿LIQUIDROOMにて、12月4日(金曜日)に大阪のFANJ TWICEで来日公演を行います。 アナログシンセによるノスタルジックなノイズ~アンビエントから高解像度の音楽へ遍歴し、最新作の『Garden of Delete』ではライヴ映えしそうなアグレッシ...
MUSIC

Julia Holter Japan Tour 2015 - flau 8 years anniversary -

LA在住の女性アーティストJulia Holterが、11月24日火曜日から11月26日木曜日にかけて、京都、大阪、東京の3都市で初の来日公演を行う。このジャパンツアーはflauの8周年を記念し企画されたもの。 2015年9月に2年ぶりの新譜『Have You In My Wilderness』をDomino Recordからリリースし、今まで以上にキャッチーになり、そこはかとなくドメスティックさ...
BOOK

ミシェル・ウエルベックの『プラットフォーム』と『地図と領土』の文庫版が河出書房新社及びちくま文庫から発売

フランスの作家、ミシェル・ウエルベックの『プラットフォーム』が河出書房新社から10月6日に、『地図と領土』が筑摩書房から10月7日に文庫版で発売される。 2015年9月に『服従』が河出書房新社から出版されたばかりで話題の中、筑摩書房からの『素粒子』以来の久々となる文庫版は、問題作と名高い『プラットフォーム』と、2013年に翻訳出版されたばかりの『地図と領土』だ。 “「なぜ人生に熱くなれ...
PAGE TOP
PAGE TOP