close

Osamu Matsumoto (smoug) が選ぶ2015年ベストアルバム10枚

10 BEST ALBUMS OF 2015

12月23日 Osamu Matsumoto (smoug)

今回は、Linus RecordsPreco Records オーナーにして、smougのギタリストとしても活躍するなど様々な顔を持つOsamu Matsumoto氏が選ぶ2015年ベストアルバムをコメントと共にご紹介。
 


 
店のほう(Linus Recordsでも毎年同じような年間ベスト選の企画をやっておりますため少し主旨を変えて、こちらでは「日本国内のレーベルから今年リリースされた日本人アーティストのアルバム」だけに対象を絞り、その中で今年のオススメ盤として10枚のアルバムをご紹介させていただく形とさせていただきました。そのようなわけで順位は無く、A→Zのアルファベット順で並べています。
 

Aureole『Spinal Reflex 』(kilk)

Spinal Reflex

男女混成6人組Aureoleの4thフルアルバム。これまでよりもロックな勢いを持って、バンドの熱量とライヴ感のあるダイナミズムを精巧でプログレッシヴな世界に取り込んだ、ドラマティックなポストロック~エクスペリメンタル・ロック~インディーロック。演奏うま過ぎ。


goat『Rhythm & Sound』(Headz)

Rhythm & Sound

ソロ名義YPYとしても活動しているKoshiro Hino率いる大阪の4人組goatの2ndフルアルバム。記号的~無機質でもあり、民族音楽のようなトランシーで生々しいグルーヴ感もある、前衛的で独特なリズム感溢れるエクスペリメンタル・ロック~ポスト・ロック~フリー・ジャズ~ミニマル・ミュージック。一言で言うと最高。


Madegg『NEW』 (flau)

NEW

京都を拠点に活動しているKazumichi KomatsuによるMadeggの3rdフルアルバム。多様な要素が混在するアイディア溢れるサウンドを、実験的でアヴァンギャルドなサウンドとダンス・ミュージックの両方の感覚を同時に持って作り上げているような、独的のセンスが光る先鋭的なエレクトロニック・ミュージック。美しい無秩序の世界。


NETWORKS『Dynamic Nature』 (Wonderyou)

Dynamic Nature

2010年作の前作以来5年振りのリリースとなった、東京の3人組NETWORKSの2ndフルアルバム。自然や宇宙を感じさせる高揚感~開放感溢れるエモーショナルなサウンドを、ダイナミックな勢いだけでなく緻密な繊細さ、メロディックな心地良さも持って繰り広げているカラフルで鮮やかなエクスペリメンタル・ロック~ポスト・ロック~人力ダンス・ミュージック。問答無用の大傑作。


NOGAWA kazune『Koo She』 (White Paddy Mountain)

Koo She

初のCDでのリリースとなる、東京のNOGAWA kazuneのフルアルバム。壮大な開放感、きらびやかさ~儚さなどを感じさせる浮遊感のあるサウンドと、多彩なビートのグルーヴィーなビート・ミュージックの要素が一体となった、スペーシー&ドリーミーなエレクトロニカ。キラキラでメロメロの超素敵盤。


Olololop『S/T (リズム制作所)

S:T

単独名義のCD作品は今作が初のリリースとなる、札幌の3人組Olololop(オロロロピー)のフルアルバム。ソリッドで記号的なサウンドながらも、フィジカルな躍動感~高揚感とひとひねり加えた遊び心もあるグルーヴィーなエクスペリメンタル・ロック。本能に響いて高まる。


Omni Sight『Eternal Return』 (night cruising / Bayon)

Eternal Return

L.E.D.のリーダーの佐藤元彦と、Boom Boom Satellitesのサポート・ドラマーを10年以上務めていた平井直樹の2人によって京都で結成されたOmni Sightのデビュー・アルバム。フロア仕様のダンス・ミュージックと、リスニング向けのアンビエントで心地良い電子音響サウンドがクロスオーバーした、ダンサブルで洗練されたエレクトロニック・ミュージック。多彩で鮮やかで素敵。


Ryosuke Miyata『Archipelago』 (fumin.)

Archipelago

自身もスタッフとして運営に携わる新興レーベルfumin.からリリースされた、東京のRyosuke Miyataのフルアルバム。荘厳なクラシックや温もりのあるアコースティック・サウンド、ピュアで綺麗なエレクトロニック・サウンドなどのテイストをナチュラルに溶け合わせた、幻想的なアンビエント~ドローン・サウンド。とろけるような美しさ。


smoug『FOLK REMEDY』(Preco)

FOLK REMEDY

僭越ながら、筆者もメンバーで筆者のレーベルからリリースの、富山と東京と広島在住のメンバーから成る5人組smougの2ndアルバム。エレクトロニカ、アンビントなどから、サイケ、フォークや、ハウス~テクノなどのダンス・ミュージックなどまでもブレンドした多様なテイストがクロスオーバーしたポスト・ロック。年末12月16日発売。ぜひ聴いてください!お願いします!


Yuki Matsumura『Without A Break』 (moph)

Without A Break

高知出身の男性アーティストYuki Matsumuraの1stフルアルバム。独特の構築美を感じさせる緻密で硬質なビートが鋭く刻まれる、リズミカルでエッジの効いたアブストラクト・エレクトロニカ~ミニマルなエレクトロニック・サウンド。神経を刺激する心地良い尖り具合。


 
次回はポエムコアのオリジネーターであり、約1年ぶりとなる新作『OMOSHIRO DARKNESS』の発売を12月24日に控えているBOOLがセレクトしてくれる。楽しみにしてほしい。
 

■ Osamu Matsumoto (Linus Records / Preco Records / smoug)

unnamed

来年で祝!15執念!のオンラインの輸入盤CD/レコード屋 LINUS RECORDSと、今年で
祝!10執念!の東京のエレクトロニカ~ポストロック系レーベル PRECO RECORDSの中の人。
smougというバンドでギターを弾いたり弾かなかったりもしてます。

http://www.linusrecords.jp/
http://www.preco-records.com/
https://soundcloud.com/preco-records
https://precorecords.bandcamp.com/
http://smougband.com/

 

■ smoug『FOLK REMEDY』(Preco Records / PRECO 022)

FOLK REMEDY

¥2,160 (tax in)
2015.12.16 on sale

1. Painkiller
2. Ephedrine
3. Plus Four
4. Hail To You (Alternative Version)
5. Letdown
6. Delay
7. Freak
8. Hangedrobin
9. Metabolism Of Drug
10.SSRI
11.30 Minutes Of Break

The following two tabs change content below.
Curry Robo

Curry Robo

アートや音楽の事を考えて活動するロボ デス。 エネルギー源はカレー デス。
PAGE TOP
PAGE TOP