close

Yui Onodera が選ぶ2015年ベストアルバム10枚

10 BEST ALBUMS OF 2015

12月6日 Yui Onodera

第6弾は、今年 8年振りのソロアルバム『sinkai』、Vadim Bondarenko (マリインスキー劇場管弦楽団)との『Cloudscapes』、ソロアルバム『semi lattice』を立て続けにリリースしたYui Onodera氏による2015年のベストアルバムとコメントをご紹介。

 


 

どういった切り口でセレクトするべきか、毎回この手の企画には頭を悩ませる。そもそも知らない(興味のない)人には説明されても面白くないし、知っている人にとっては説明はいらないからだ。ともあれ2015年に発表されたものに限らず、どれも自身が実際に今年最も興味を惹かれ、ぜひ耳を傾けて欲しいと思うアルバムをジャンルに関係なく選んでみた。作品や作家について多少の知識を入れてから聴くと重層化されたコンテクスト含めてより楽しめると思う。

 


『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 Soundtrack

 


Cliff Martinez 『惑星Solaris』 Soundtrack

solaris

 

 


Atticus Ross 『The Book of Eli』 Soundtrack

the book of eli

 

 


Rafiq Bhatia 『Yes It Will』

Yes It Will

 


Richard Spaven 『Whole Other*』

Whole Other

 


Portico Quartet 『Portico Quartet』

Portico Quartet

 

 


Takuya Kuroda 『Rising Son』

Rising Son

 

 


Tigran Hamasyan 『Shadow Theater』

Shadow Theater

 

 


Nik Bärtsch 『Llyria』

Llyria

 

 


MARK de CLIVE-LOWE 『Renegades』

MdCL_6PR_Inner_FINAL.indd

 


 

次回のベストアルバムは、ベルリン在住音楽家、クラシックを下地に先進的サウンドを紡ぐMimiCof がセレクトしてくれる。楽しみにしていて欲しい。

 



■Yui Onodera 

音楽家。音楽と建築を学び建築音響設計を経て、主宰するサウンドプロダクション”CRITICAL PATH”にてSONY、SPACE SHOWER TV、FRANCK MULLER、GMO、オランダ映画祭など国内外の広告メディア、プロダクト/インターフェイス、商空間など建築空間のための楽曲提供・サウンドデザインを手掛ける。米『and/OAR』、仏『BASKARU』など国内外のサウンドアート・レーベルよりフィールド・レコーディングによる環境音と器楽音を用いた先鋭的な電子音楽作品を発表。英『Wire』誌や独『DE:BUG』誌、豪『ABC』や伊『RAI』、英『BBC』など国営公共放送局含む各国メディアにて高い評価を受ける。

Brian Eno等との『foundsoundscape』、Chris Watson等との都市のサウンドスケープ研究『The Acoustic City』、鈴木 ユキオ(ダンサー)、藤村 龍至(建築家)など従来の音楽家の枠にとらわれない分野を横断するコラボレーションを通じた建築と空間・環境と音の関係性を探る多様なサウンド・プロジェクトを手掛ける。Vadim Bondarenko (マリインスキー劇場管弦楽団)、米国のサウンド・アーティストのStephen Vitiello (12k)、Masayoshi Fujita (Erased Tapes)、ノルウェーのオーディオ/ヴィジュアル・ユニットPjusk (12k)との共作、エレクトロニック・ミュージックにフォーカスしたMizkami Ryuta (a.k.a Motoro Faam, mulllr)とのデュオ・ユニットRESHAFTなどその活動は多岐に渡る。

その他、『札幌国際芸術祭』(Sapporo, 2014)、『Unyazi Festival』(South Africa, 2014)、『Hors Pistes Japon』(Kyoto, 2015)、『störung festival』(Spain, 2013-15)にてMoritz von Oswald (Basic Channel)、Mika Vainio、Francisco López、Frank Bretschneider (raster-noton)、Scanner, Murcof, Fluxion等と共に出演。

http://www.critical-path.info/

 

 

 

The following two tabs change content below.
Curry Robo

Curry Robo

アートや音楽の事を考えて活動するロボ デス。 エネルギー源はカレー デス。
PAGE TOP
PAGE TOP