close

Nyolfenが選ぶ2015年ベストアルバム10枚

10 BEST ALBUMS OF 2015

12月31日 Nyolfen

今回は躍動的かつ緻密なビートを駆使した楽曲で脚光を浴び、近年は多くの楽曲提供など一層活躍の幅を広げる電子音楽家Nyolfenが選ぶ2015年ベストアルバムを本人のコメントと共にご紹介。

* 公開日付設定に問題があり、記事公開が遅れてしまいました。ご関係者様各位に多大なご迷惑をお掛けしました事改めてお詫び致します。
oreメディア編集部

 


 

今年良く聞いた物をチョイスしてみました。

 


Arca『Mutant』

Mutant

前作Xenよりメロディやコード感が増えて聴きやすくなった感じが。個人的には12曲目からの流れが好きです。

 


Deapmash & Raito『Den Start / Stop EP』

Den Start / Stop EP

1曲目が重たいキックとインダストリアルな感じが最高のテクノ。あと昨年のDeapmashソロのEPがとても良かったです。

 


Maxo『Chordslayer』

Chordslayer

変態的コードワークとFMの音使いが気持ち良いFusionライクなFutureBass。しっかりした下地がある人の変態テクは安心して浸れるので好きです。

 


Quarta330『Mokelembembe EP』

Mokelembembe EP

4曲目のチャカポコ感(としか形容できない)とベースの出方とエモい感じがたまらなく好きです。

 


Yu Miyashita / Yaporigami『Grind Analysts Fig. 1』

Grind Analysts Fig. 1

不穏な音使いとグルーヴ、ざらついた質感のキックが最高のインダストリアルテクノ。Yu Miyashita名義の曲は極上のドローン。

 


Metome『Angel EP』

Angel EP

脳みそをハックしてくるような音の差し込み方が本当に素晴らしい。最高。

 


M/D/G『M/D/G』

M​:​D​:​G

madegg氏の別名義。氏の音使い、語彙の少ない自分には実験的な音としか形容できないんですが、本当に好きです。”NEW”という新譜も良かったです。

 


J Dilla『The King of Beats』

The King of Beats

一応2015に出たので。J Dillaのビート、無駄がなくて本当に好きです。バイブル。

 


Hiatus Kaiyote『Choose Your Weapon』

Choose-Your-Weapon-Hiatus-Kaiyote

展開やグルーヴや拍子が全部狂っててどんどん脳みそが異次元に持ってかれるR&B(といって良いのかわからない)。最高。

 


Swindle『Peace, Love & Music』

Peace, Love & Music

様々なジャンルをSwindle流に昇華したアルバム。特に2曲目が名曲。ちなみにこの曲を単曲ループするとループのつなぎ目がわからない、というのが巷で流行ったのですが、是非これは試してみてください。一日中浸れます。

 


■ Nyolfen

都内を中心に2006年から本格的にライブ活動を開始。electronica, minimal, experimentalからピアノ曲まで等幅広い楽曲を制作。2009年、Sound&Recording誌のKen Ishiiリミックス・コンテストで佳作を受賞。2010年5月にDenryoku Labelから2ndアルバム『As the earth dances』をリリース、タワーレコード渋谷店J-Indiesランキングにチャートインし、大々的にコーナー展開が行われ一躍脚光を浴びる。2011年6月にはBunkai-Kei recordsからコンセプトEP『fourpoles』をリリースし、国内外で高い評価を得た。そして2012年には、7月に3rdアルバム『Pulse』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース、11月にDenryoku Labelから『Eclipse EP』をリリース、同月Bunkai-Kei records × Intel Gridplayとのコラボレーション企画において楽曲提供を行う。また2014年にはセクシーアイドルさくらゆらに楽曲を提供する等、一層活躍の幅を広げている。

The following two tabs change content below.
Curry Robo

Curry Robo

アートや音楽の事を考えて活動するロボ デス。 エネルギー源はカレー デス。
PAGE TOP
PAGE TOP